2021年1月の俳句

華凜主宰の俳句

新暦

去来庵座布団二つ片時雨

冬菊にほのと慈悲の香慈悲の色

赤人のうたに始る新暦

白鳥の来てその湖の母となる

極堂も子規も若かりおでん酒

道行の遊女の足袋の白きこと

猪鍋に文豪談義里の宿

寒柝の白川郷の音一本

返り咲く木槿に小指ほどの紅

雑詠 巻頭句

秋夕焼誰も淋しいとは言はず

松井良子

雑詠 次巻頭句

破芭蕉世の一角といふところ

松井ふみを

誌上句会 特選句

和田華凜主宰選

静かなるアイヌの踊り月の夜

藤原滋

中谷まもる副主宰選

はからずも乗り合せたる神の旅

黒田冬史朗

金田志津枝選

生きてゐることのぬくもり根深汁

井阪陽子

柳生清秀選

掛け終へし稲架風よけに立話

小野昌子