句集のご案内

和田華凜 月華

「諷詠」四代目主宰 待望の第二句集

[和田華凜自選十五句]
結界の黄泉比良坂より時雨
光る音して薄氷の溶けにけり
海底に沈む都の上に月
胡弓の音風に揺るがず風の盆
能面の月華を宿す白さかな
父の座は空席のまま花筵
夜を待つやうに置きある蛍籠
花八手島の鬼門はこのあたり
水都けふ月の都となりしかな
役者絵は写楽がよろし梅二月
瀧の上に天へと続く道のあり
しづしづと月下にシテの歩みかな
猪鍋や丹波訛の虚子贔屓
流し雛見送る空に昼の月
こいさんの扇子いとはんより小さし

2022年3月刊行 定価3,080円(税込)
郵便振替 口座番号 00980-1-80954 
加入者名 諷詠会 金額 3,260円(送料共)をお送りください。
*郵便局に備え付けの郵便振替用紙をお使いください。