今月の俳句」カテゴリーアーカイブ

2022年9月の俳句

華凜主宰の俳句

だらりの帯

胎内に心音抱き月涼し

夏の月地球儀にある海いくつ

花氷とどめたしとは思へども

閻王に会うてしこたま雨に会ふ

夜の部は恋におぼれて夏芝居

炎帝の御池通を総べにけり

凱旋の大船鉾はくじ取らず

古都涼しだらりの帯に月鉾が

いつまでも祇園囃子を見送りぬ

雑詠 巻頭句

鉾祭近づく今日は立夫の忌

中谷まもる

句評 六月二十六日の朝、日本伝統俳句協会総会へ出席するため東京へ。
まもる副主宰に「今日は父の命日です。雑草会お願いします。」とメール
送信。句会では皆で黙祷を捧げ、揚句詠まれたと。まもるさん、いつも
ありがとうございます。 華凜 

雑詠 次巻頭句

聖五月与へ尽して逝きにけり

森本昭代

句評 とても仲睦まじいご夫婦だったと聞く。お写真で拝見したご主人は
優しい笑顔だった。句会場の隣にある高槻教会には美しいマリア様の像が
ある。作者からご主人様への感謝の思い。 華凜

誌上句会 特選句

和田華凜主宰選

でこぼこの地球たひらに登山地図

奥田美恵子

中谷まもる副主宰選

でこぼこの地球たひらに登山地図

奥田美恵子

金田志津枝選

ねぢりつつ真つすぐ育ち文字摺草

髙三節子

柳生清秀選

写経筆置きて狭庭の濃あぢさゐ

木下紀子

同行二人競詠五句 お題「露」

市川元庸

露の世

露草の今朝の名残の秘めてをり

露草の紫源氏好みかと

露の世のちちよと鳴きし虫のこと

虫の音の夜露にいよよ澄みにけり

露の世と言へど一隅照らしたし

寺西 圭

彼の人に

露の世や師の帽子手に思ひ出も

句と骨を残し露の世旅立たる

襟足の露けき頃となつて来し

露分けてこの道ゆけば彼の人に

衣に手を通して露の野道行く

2022年8月の俳句

華凜主宰の俳句

別れの時間

その人を思へば沙羅の散ることよ

著莪の花父ほんたうはさみしがり

紫陽花の藍におのづと静心

たまゆらの夜風入り来し網戸より

清流に見立て鮎描く扇かな

文字摺草ひとふみ箋の減り早し

紙魚の書の金言古ぶことなかり

夕といふ別れの時間花木槿

底紅の紅に触れたき小さき罪

雑詠 巻頭句

植女ゐて下植ゐて御田祭

髙木利夫

句評 夜半の〈郭女の植女なりせば眉目透く笠〉を思い出した。昔、
住吉の御田植祭の「植女」は新町の芸妓がつとめていたそう。「植女」
「下植女」「御田祭」と季語を並べ、作者特有の艶のある句となった。
季題は「御田祭」。 華凜 

雑詠 次巻頭句

時計屋のいろんな時間春惜む

菅原くに子

句評 「春惜む」の季題が句によく現れている。昭和レトロな時計屋を
思う。「いろんな時間」が心に響く。いろいろな時計、少し時間のズレて
いるものも。時の流れを惜しむかのよう。 華凜

誌上句会 特選句

和田華凜主宰選

父の日や父の知らざる世を歩む

森本昭代

中谷まもる副主宰選

更衣金曜に来るバスを待つ

松岡照子

金田志津枝選

旅に出て父とつなぐ手子供の日

太田倫子

柳生清秀選

車椅子の母の手庇桐の花

赤川京子

近詠

石井のぼる

茶屋百年

樟若葉松尾の神は輿を出づ

付添の人は次の間著莪畳

あぢさゐの毬押し合うてゐて静寂

神苑に八つ橋かかり花菖蒲

いごつそうの里へ輿入れゆすらうめ

葉隠れや一条白き滝の水

布引の滝を眼下に茶屋百年

今井勝子

幽玄の杜

ゆらゆらといにしへの闇薪能

薫風に袂膨らむ能の舞

篝火に憂ふ小面薪能

シテの声四方にらうらう青葉風

薪能五重塔は漆黒に

薪能去るは消えゆくやうなりし

一幕の果てて覚える青葉冷

2022年7月の俳句

華凜主宰の俳句

花あやめ

宇陀の野に籠もて行かむ薬の日

玉繭に月を透かせてうす明り

地車に宮入といふ佳境あり

蛍袋今宵逢ひたいとは言へず

花入に有馬籠もて風炉点前

ぼうたんの月に音なく崩れけり

智恵子抄手にす卯の花腐しかな

したたかにむらさき籠めて花あやめ

文末にかしことありて花あやめ

雑詠 巻頭句

桜湯の香にもあるはなざかり

菅 恵子

句評 人の臭覚というものは時に視覚より大きな働きをする。桜湯の
花開く香りには華やかさ、そして懐かしさを感じる。その香にある
「はなざかり」を発見した作者の非凡なる感性に感服。 華凜 

雑詠 次巻頭句

大いなる伊吹の風に麦青む

藁科稔子

句評 ヤマトタケルの魂が白鳥となり飛び立ったと言われる伊吹山。
「大いなる伊吹の風」の措辞に心惹かれた。目の前に一面の青麦の
景が広がりゆく。 華凜

誌上句会 特選句

和田華凜主宰選

忘れもし忘れられもし月朧

久保田まり子

中谷まもる副主宰選

霾りし旅を語りて明けにけり

岡田隆太郎

金田志津枝選

腕時計父より借りて大試験

岡本和子

柳生清秀選

パレツトにたつぷりの青夏来る

猪谷美代子

同行二人競詠五句 お題「鬼灯市」

黒田泰子

江戸好み

鬼灯の籠一つづつ兄妹

鬼灯市法被も粋に呼び声も

鬼灯の籠の風流江戸好み

妓を連れて鬼灯市に来てをりし

賑ひを離れ風鈴売つてをり

末永美代

江戸の賑ひ

江戸より賑ひ今に鬼灯市

人溢れ四万六千日の堂

童心の瞳もて鬼灯市巡る

鬼灯市売手の気風よかりけり

鬼灯市夕風たちて活気つく

2022年6月の俳句

華凜主宰の俳句

男の歩幅

花衣しめりて重く掛けにけり

年年にゆるびし女身花衣

春眠や整ひがたし寝起肌

絵師の筆より春愁のひと生るる

礼状を書く桜湯の開く間に

ふらここを漕いで夫あること忘る

春惜む都をどりのビラに雨

遍路鈴男の歩幅にて鳴りぬ

しやぼん玉吹くならこの虹を引きて

雑詠 巻頭句

七回忌てふことを告ぐこの花に

太田公子

句評 早いもので今年は父立夫の七回忌。父の発案で始まった夙川の
初桜吟行句会は、亡くなった今も続いている。作者はさまざまな思いを
「この花に」告げたことだろう。 華凜 

雑詠 次巻頭句

凍を解きこの世に戻る蝶真白

山形惇子

句評 一読、「この世に戻る」の措辞に心惹かれた。その蝶が真白で
あったという。凍蝶にあたたかい生命のいぶきが吹き込まれる様を見事に
写生された。 華凜

誌上句会 特選句

和田華凜主宰選

春行けば次の春待つ余生かな

森本昭代

中谷まもる副主宰選

三椏の花丁寧に黄の開く

𠮷田知子

金田志津枝選

白鳳仏拝して春を惜みけり

岩田雪枝

柳生清秀選

白子干す仕上げの味は風まかせ

柴田のり子

近詠

柳生清秀

春つ方

気の付かぬほどとは小粋春の雨

東風吹きて潮路よろしき戻り船

大阪も池田の奥の寝釈迦かな

春愁や言葉濁すと言ふことも

羊の毛刈る六甲の山日和

金縷梅の長き四弁を倖と見し

散際の桜の仄と薄化粧

有本玲子

伊根の舟屋

ひたひたと伊根の舟屋に春の波

春の潮舟屋は軒を突合せ

うららかや伊根の小島に鯨墓

舟屋口覗き遊船島めぐり

一湾に鰤の養殖遅日かな

浜うらら歌ふやうにも鳶の笛

灯台の赤の歪みて陽炎へる

第2回諷詠大賞「諷詠大賞」の俳句

小林一鳥

癌畜生

春深し胸に違和感覚えし日

乳癌をエコー涼しく見付けたる

若葉寒俳句用具も入院す

看護婦の言葉は薬風薫る

梅雨深し癌病棟を車椅子

梅雨深し麻酔は夢を見せず覚め

妻も子も面会謝絶梅雨に処す

病室を一歩も出でず梅雨籠

病舎から見る梅雨深きガードマン

明易の医大の露地へ救急車

傷跡に幾度も打てり天瓜粉

癌畜生癌畜生と裸見る

冷奴病院食は味薄し

銭湯に入れずプールにも行けず

夏の果まだこの傷にこの痛み

禁酒より禁煙辛し夏の果

暑に耐へてをり禁煙に耐へてをり

手術痩なかり夏痩なかりけり

手術より手術の傷の冷まじく

末枯の命なれども慈しむ

2022年5月の俳句

華凜主宰の俳句

花便り

 令和四年三月二十六日 長女美波結婚

届け出すだけの婚姻あたたかし

ひとづまになりしと届く花便り

貝寄風や島に育ちて島に嫁す

嫁ぎし娘髪にほやかに雛納

おかあさんと婿に呼ばれて花菜漬

子猫の名瞳の色に決めらるる

悪者のせうせう間抜け壬生狂言

桶取の面に潜みし春愁

壬生念仏身振り如何にも京ことば

雑詠 巻頭句

指ふれて薄氷水にもどしけり

梅野史矩子

句評 何気ない早春の一コマの写生句であるが、この句に深さを感じた。
女の指の熱により「薄氷」という儚い個体の命を「水」という命の
根源へと戻した作者。艶っぽさもある。 華凜 

雑詠 次巻頭句

はんなりとうぐひす鳴くや京へ二里

谷川和子

句評 「京へ二里」の措辞が見事。一里が約四キロなので京から少し
離れた鄙の里を想像する。その里で鳴く鶯の声には落ち着いたはなやかさが
あったのであろう。 華凜

誌上句会 特選句

和田華凜主宰選

鳥雲に無口な酒は父ゆづり

古山丈司

中谷まもる副主宰選

天主堂絵踏の島の空のあを

野村国世

金田志津枝選

冬耕の人風景を抜けて来し

髙木利夫

柳生清秀選

日当りてドドドと落ちる屋根の雪

小林小春