句集 花の雲

金田志津枝 諷詠同人

自選十五句

海よりの秋声海に消えにけり

蛍火の草より草に零れけり

来し方の見ゆるや花の雲の中

麹町三番町の燕の巣

そんなとき笑つてみよと山笑ふ

鬼やらひだけは大きな声出して

捜すこと勿れ涼しきところに居

秋桜むかし絵踏の庭とあり

文字消えしことの露けき父祖の墓

セーターの赤に包まれ百二歳

栗ひとつ剥くためにあるよき時間

飛花と行く風と落花と遊ぶ風

沙羅の花子は吾が老に触れざりし

虫聞いてをり鍵穴を捜しつつ

薄氷に水のさびしさ見えにけり

  天界へ届く囀米寿美し  華凜

 金田志津枝さんは、私の母方の伯母である。教師だった彼女は幼い私に
文学の楽しさを教えてくれた師でもある。志津枝さんは花鳥諷詠の俳句を
するために生れて来たような人だと思う。彼女の話す声はまるで自然を
賛美する囀のようである。今私のもとに送られて来る志津枝さんの俳句は、
天界にいる愛しい人達へ届ける鎮魂歌である。
 愛する伯母へ               諷詠主宰 和田華凜